陶芸家梅田純一のホームページへようこそ!
 
Portrait 陶芸家梅田純一のホームページへようこそ!
まだ未完全ですが、近況と作品と他の情報が載せてあるので、
ごゆっくり、ご覧ください。

2017 年度の個展

2016年度の個展は全て盛況に終了いたしました。ご支援を感謝します。
今年は定例の7会場で個展を開催するよていです。どうぞお楽しみください。

初めての作品集『こぼれうめ』が出来ました。会場で販売いたします。(税込み2,625円)
FAXでの注文もお受けいたします。送料負担いたします。梅田までよろしく。

こぼれうめの注文方法

郵便局または、ゆうちょ銀行より、払込取扱票にて、ご住所、お名前、電話番号を記 入の上、2625円をお振り込みください。

口座記号番号は01090-6-20467加入者名梅田純一です。

本の送料はこちらで負担します。

入金が確認されしだい発送いたします。

お振り込みより10日以内にお手元に届かない場合は番号または住所等が間違えている可能性があります。

ホームページよりご一報ください。

2017 年度の個展開催予定

 4月 5日~11日 第20回 日本橋髙島屋
 5月24日~30日 第 7回 JR名古屋髙島屋
 6月14日~20日 第34回 大阪髙島屋
 9月 8日~14日 第 9回 八ヶ岳倶楽部梅田純一親子四人展
今年の開催は来年1月17日〜23日になりました。 第23回 玉川髙島屋
11月18日~26日 第39回 広島ギャラリーたむら
12月13日~19日 第33回 京都髙島屋

注: 同姓同名のフェイスブックがありますが、私はフェイスブックを利用していません。

先方へのご迷惑になるので、ご注意ください。

2009年の新作:ひまわり

2009
鮮やかな黄がまぶしいひまわりの柄。
「まるでゴッフォだわ」
個展を見た人からそんな声が聞こえた。

2008年の新作:高台皿鉢

2008 up 2008 down
ある時は鉢、ある時は高台皿。ちょっと珍しい。

2006年の新作

2006
洗面ボール。

次の夢は

この展覧会のセットを外国の美術館などで開催することです。
私の「こぼれうめ」の本や大皿パブリックアート展覧会の冊子を足がかりにして、
企画展への参加を売り込むのです。
使い手と共に目指してきた作陶の成果を世に問うのです。

これが実践できるような人や情報を紹介していただけたらありがたいと思います。
そのような情報があれば、是非ともご連絡ください。

過去の展示会のパンフレット(PDF)

海陽町 (2013 - 夜桜)
沖縄 (2013 - 千羽鶴)
広島 (2014 - 蝶、千羽鶴)




梅田要(かなめ・革工芸) 次男
Kaname portrait
1980年滋賀県安曇川生まれ

独学にて革製作を学ぶ。
18才より旅に出る。19才石垣島に。

染めから手縫い全てを一人で行う。
丈夫さを第一に考え、修理可能で長く使える物作り。
沖縄の草木で染めた革を使用した財布など革小物を中心に制作。
石垣牛のボタンは自身のなめしによるもの。作り手と使い手によるたったひとつのオリジナルオーダーを承ります。
http://www.kaname-pigleather.com/
2006
2006年出品
2004
2004年出品
2006
2005年出品
梅田純一(陶芸) 
Junichi portrait
1950年東京駒込生まれ
「独創的なものを作るという作り手が、生き方において保守的な道を歩むのはおかしい」
と考えて独学の道へ進んだ。
子ども達も又、独学の道へ進み、作り手として自立して苦労を楽しんでいるのを見るのは喜びで自慢です!
全てを一人で作る自由な物作りのため無所属にて個展での発表を続けている。
現在高島屋五店にて定期個展開催
徳島県宍喰在住
2006
2006年出品
2005
2005年出品
2004
2004年出品
 
梅田竹生(ちくぶ・銀工芸) 長男
Chikubu portrait

1978年滋賀県安曇川生まれ

独学にて銀製作を学ぶ。
22才京都で独立、PASSIONE創立

全ての工程を一人で手作りし、アフターケアも万全。全国有名シルバーショップ取扱い、その美細工品に定評。
八ヶ岳の森で生まれた「てんとう虫」のシリーズを始めました。
革と銀との合作で「兄弟ブレス」など、色々な新しい挑戦に取り組んでいます。
京都市中京区在住
http://www.passione-silver.com/
2006
2006年出品
2005
2005年出品
2004
2004年出品
 
梅田繭 (まゆ・色鉛筆) 長女
Mayu portrait 1975年東京都出身

幼少の頃より色鉛筆で絵を描くことを好んでいた。
2008年から瞑想状態で得た情報をもとに絵を描き始める。
画材は油性色鉛筆を用い、色を重ね塗り込むよう白い和紙に描かれており
一目見てもなにで描かれているか分からない独特な仕上がりになっています。
2010年よりホームページ上で絵の展示・販売を始める。

現在、沖縄県石垣島在住 二児の母。

海の見えるアトリエで、日々インスピレーションを働かせ創作にはげむ。
http://www.mayuumeda-healingart.com/



 
 
名前、メールアドレス
題名
メッセージ
 

お問い合わせ先

775-0510
徳島県海部郡海陽町船津杭ノ瀬
梅田純一

TEL.FAX. 0884-76-3539